バンクイック審査

審査で注意したい事

銀行カードローンの中でも「バンクイック」は人気のある銀行カードローンです。銀行カードローンにしては、意外と敷居の低いカードローンで、正社員はもちろん、パートやアルバイト、派遣社員、自営業の方と幅広く利用されています。

 

「バンクイック」でも審査はありますし、審査に通らなければ融資が受けられません。審査を受けるために気を付けておきたいことを書いてみました。

 

「申込書の記入で気を付ける事」

「バンクイック」へ申込をする時、最初の作業が申込書の記入です。審査を通過できない一番の原因は、書類の不備と言われていますので、記入ミスや記入漏れに注意して正確に書く事がポイントです。特に自分の連絡先や、勤務先の電話が間違っていると、審査結果の連絡がいつまで待ってもかかってこないとか、勤務先の電話を間違えていると該当なしとして審査は終わってしまう事もあります。

 

また、少しでも条件をよくしたいので、嘘の記入をする事ですが、これは絶対にやってはいけません。仮に審査に通って借りられたとしても、利用中に嘘がばれると、場合によっては一括返済を求められる事もあります

 

「連絡先が携帯電話の場合注意する事」

当然の話ですが、いつでも連絡が取れる状態にしておくこと。使わないからと言って、わざと電源を切るなどはしてはいけません。

 

中には携帯電話の設定を「非通知着信拒否」にしている方もおられますが、「その設定のままで連絡がとれるのか」と心配される方もおられますが「バンクイック」から電話を掛けてくる時は、非通知で掛けてきませんので、わざわざ設定を変えるという事は不要です。大事なのは電話番号を間違えないように記入する事が最も重要です。

 

「バンクイックの在籍確認」

キャッシングの審査で一番気になるのが在籍確認です。

 

確かにカードローンの担当者が勤め先の会社に連絡をしてくるというのはあまり良い気はしません。在籍確認は避けては通れない審査のひとつで、在籍確認についていい顔をしない人は多いのですが実はそんなに警戒するようなことはないのです。

 

担当者からの電話は担当者の個人名で掛けてきますのでばれる心配はありませんが、どうしても気になる方は「クレジットカードの申込をしたので、電話が入るかもしれない」と言っておけば同僚にもばれる心配はありません。