バンクイック審査

審査落ち、考えられる原因は

「バンクイック」は消費者金融でのキャッシングに比べると多少審査は厳しくなりますが、学生や専業主婦の方でも融資が受けられるので人気のある銀行カードローンです。

 

それでも審査に落ちた理由として考えられるのが、希望限度額や現在の借入状況などにありそうです。

 

「バンクイックの審査に通らない理由」

  • 虚偽の申告

申込時に虚偽の申告をしてバレた場合は審査で落とされます。

 

  • 他社借入件数

他社の借入先が多い時や利用金額が多いと借り入れはできません。

 

  • 申込件数

同時に複数の消費者金融やキャッシング会社へ申込みをしている(申込ブラック)になると審査はとおりません。

 

  • 信用情報

他社の利用状況で延滞や債務整理、破産などをしたことがあると審査に落とされます。

 

バンクイックは審査の際に信用情報会社へ照会をします。これは、全国の金融会社が共有をしている情報システムで、他社での延滞や破産、債務整理の履歴等がすべて分かります。ここに掲載される情報は内容によって5年~10年は消えません。

 

「仮審査に通って本審査で落とされる場合」

バンクイックでは仮審査と本審査があり、仮審査に通ったとしても、本審査で落ちてしまう事があります。「バンクイック」は書類の提出前に仮審査が進められます。仮審査は申込み情報や、信用情報をもとに審査され、融資が可能かどうかを判断します。

 

仮審査が通り、本人確認書類や収入証明書などの書類提出を受けると本審査が行われます。本審査では主に申込み情報と矛盾がないかどうかや在籍確認が行われます。ここで矛盾や虚偽が生じた場合、融資はその段階で不可となります。それを回避するためにも、申込時には記入ミスや記入漏れがないかのチェックが必要となります。

 

「バンクイック」は、審査に通れば最大で500万円までの融資が可能です。しかし、誰でもが500万円の融資が受けられる訳ではありません。審査では他社の利用状況や借入金額、収入のバランスを元にして限度額を決めます。

 

例えば、年収100万円の人が、500万円の借入を希望しても、返済に無理が出るのは明らかです。

ですから、このような申込をすると審査通りません。最初は少ない限度額から徐々に実績を付け、増額で限度額を増やす方法を考えましょう。